読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろべぇ-のブログ

鳥取市の行政書士のブログ!政治・趣味などなど・・・なんでも思いついたことを書いていきます!!

安保法制に、反対します!!改憲には、賛成しません!!解釈改憲は、認めません!!

f:id:hirobe123123:20150916000549j:plain

平成27年9月憲法違反が明確な【安保法案】が、強行採決されました。

中央公聴会・地方公聴会が開催されましたが、

この公聴会では、元最高裁判事の方や弁護士の方などが、

【安保法案は、憲法違反であること】を口述しました

公聴会において、憲法違反であることを指摘されているにもかかわらず、

強行採決がなされました。

 

現政府によって、この公聴会は、形骸化されており、全く、意味をなさないという手法がとられています。

最高裁判事である濱田邦夫氏は、中央公聴会において

『今は亡き内閣法制局・・・』 と、安倍政権下の内閣法制局を痛烈に批判しました。

「これまで、日本の裁判所で違憲判決が出なかったのは、『内閣法制局』が、事前に憲法に反する法案を作成させなかったことによるものだ」という趣旨をおっしゃいました。

今回、このような「憲法違反の法案を提出させた内閣法制局」を、明確に批判したものです。

 

「安保法案の必要性の有無」は、現段階では、語られるべきではないと思います。

 

違憲である法案、若しくは、違憲の可能性のある法案を、国民の意思に反して現政府が成立させる』という暴挙を看過してはならない!!!

と思います。

まさに、立憲主義・民主主義を否定するものです。

 

また、現在のテレビなどの報道についても、非常に、危惧しなければならない状況になっています。

日本は、再度、70年前の過ちを起こすかもしれません。

最高裁の砂川判決・自民党のこれまでの憲法解釈など、

過去の事実・定説を捻じ曲げて、政府は安保法案は合憲であると言っています。

安保法案については、一部の学者が違憲であると言っているだけではありません。

 

事実・定説を捻じ曲げてまで行う現政府の政治手法に、

強く 危機感を抱かなければならないと思います。

*****************************