読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろべぇ-のブログ

鳥取市の行政書士のブログ!政治・趣味などなど・・・なんでも思いついたことを書いていきます!!

鳥取市 市政の問題点!!

     
FACEBOOKで、下記のような記事を発見しました!!
新生鳥取市を築く会 の 代表の方が、書かれたものです。
前代未聞の「住民投票(市役所新庁舎問題)」で、話題となった鳥取市。。。
そのほかにも、こんなにひどい状況。。。。
これ以外にも、もっとあるような気がします。
鳥取市民は、黙ってていいのでしょうか!!!
以下 記事抜粋
*********************
この7不思議の一つをも問題視しない市議会、議員たちは年間1千万円もの報酬を得て、それに見合う一体どんな議員活動をしているというのでしょう?
 
竹内市政の負の遺産---公共事業の七不思議
1. ガイナーレの練習場整備
時価3億円の土地を15億円で購入(市開発公社救済策)。これに合併特例債を使ったのは国を欺く詐欺行為。
2. 三洋電機跡地の購入
7万㎡を17億6千万で購入。適正価格の評価は10億円程度。
3. 駅前公共都市空間の滅失
これは県にも責任があるが、駅前公共駐車場は国鉄と継続利用を明記した契約で購入したもので、転用は契約違反。駐車場の利用度も高かった。
県庁所在都市の表玄関の貴重な公共空間を民間商業資本に明け渡すなど、全国的にも前代未聞で、鳥取県鳥取市の貧しさを象徴する恥ずべきこと。
4. 駅前に立地させる看護専門学校
看護学校がなぜ駅前なのか? ほとんどの市民の疑問。それも30年間土地を無償貸し付け、実質無償譲渡に等しい。さらに200台分の駐車場を周辺の民間駐車場から市が借り受け、無償貸与。建設費や運営費の補...助もさらに続く。対する雇用効果や経済効果に関係業界が疑問視。
5.駅南の大国主と白兎のモニュメント広場の駐車場化(26年度着工)
駅前の代替駐車場として駅南広場を潰す計画。この広場は国交省のモデル表彰を受けたもので、駅南の象徴的な空間。僅か15台のため潰すとは。
6. 駅南のJR・シャミネの駐車場の商業地化(26年度着工)
JRが土地の高度利用を図るとして、商業地化する関連事業として、前面の市道を5mから11mに拡幅し、無くなる駐車場の整備に5階建て6層の駐車場ビルを建設。これらの事業費は19億円。なぜJRの事業に市が大金をつぎ込むのか? 市民にどんなメリットがあるのか?
7. 駅南庁舎の活用
20億円の巨費を投じた駅南庁舎。当時竹内市長は、ワンストップ市民サービスの場が完結と豪語し、更なる有効活用が可能としたが、執務空間が可能な3階と6階(民間に格安で貸与)を活用していない。
 
*********************